父の愛情は分からなかったけどきっと大きなものなんだな

私は幼少時代から父が嫌いでした。頑固で自己中心的な所が特に嫌いでした。でも何か悩んでいると「どうした、何かあったのか」とすぐに声をかけてくれるような父でした。本当にそういう繊細な所がもうちょっと強調されればいいのになと思いました。父は私の事を大事にしてくれていたのかなと思春期に思うようになってからは距離が近くなった気がします。父は母が精神病なので私に恥ずかしい思いをしないようにという事が口癖でした。そんなに頑張らなくてもいいのにと思いました。父は職人で会社を経営していたのですが私が高校に入る頃に会社が倒産して父は物凄く元気がなくなってしまいました。どう声をかけてあげたらいいかよく分からなかったですが今までご苦労様と話しかけたら父は泣いてしまいました。今まで本当に自分一人で頑張っていたんだろうなと思いました。今度は私が頑張る番だなと思って頑張って就職先で働きました。父と初めて飲みに行った時はニコニコしていました。

父の愛情は分からなかったけどきっと大きなものなんだな